春季大会:公開シンポジウムオンライン開催のお知らせ(3月28日)

2022.1.5

日本家禽学会2022年度春季大会

- 公開シンポジウムオンライン開催のお知らせ -
「家禽サイエンスの飛躍と深化を目指して」 

日   時: 2022年3月28日(月)13:00〜17:30(予定)
場   所: オンライン開催(Zoom利用)
参 加 費: 無 料
定   員: 500名(先着順)
申込方法 : 事前予約制です。
申 込 先: https://forms.gle/HiuiuWBEGbyibwNn6
申込期限 : 3月24日(木)

 ※一般公開のため、本学会の非会員の方でも、誰でも申し込み可能です。

テーマ1: 「水畜産領域における昆虫飼料化に向けた取り組み」

講演時間:13:00~15:00

オーガナイザー

 松本由樹(香川大学)
 眞鍋 昇(大阪国際大学)

講演予定者:

 松本由樹(香川大学)
 藤谷泰裕(大阪府環境農林水産総合研究所)
 三浦 猛(愛媛大学)
 川﨑淨教(香川大学)

概要

 国連食糧農業機関(FAO)は、牛、豚、鶏などに代わる重要な動物性タンパク源として「昆虫」を取り上げた報告書を2013年に発表した。その結果、近年、我が国でも大学やベンチャー企業において昆虫食及び昆虫飼料化に向けた研究やビジネスの扉が開かれ、昆虫利用やビジネスに係るルール形成に資する議論が活発化している。一方、海外では今年5月にEUではイエローミールワームが新規食品として承認され、他の昆虫利用についても随時追加されつつあり、多様な昆虫がヒトの食料や家畜のエサとしての利用拡大に弾みが付くことに期待されている。本シンポジウムでは、新たな飼料原料としての昆虫利用について、昆虫ビジネス研究開発プラットフォームでの取り組みを紹介するとともに、水畜産用飼料として昆虫をどのように利用できるのか、先行する研究紹介を通して昆虫飼料研究の展望について情報共有したい。

テーマ2: 「鶏卵のメタボロミクス」

講演時間:15:30~17:30

オーガナイザー

 後藤達彦(帯広畜産大学)
 友永省三(京都大学)

講演予定者:

 福岡真実(キユーピー株式会社)
 若山正隆(慶応義塾大学)
 後藤達彦(帯広畜産大学)
 新村   毅(東京農工大学)

概要

 近年、鶏卵の研究において低分子代謝物質の網羅的解析(メタボロミクス)が試みられるようになってきた。しかしながら、本手法は多くの家禽学分野の研究者に馴染みがなく、黎明期にある。そこで、本シンポジウムは、鶏卵のメタボロミクスへの理解を深める機会となることを目指す。最初に、鶏卵のメタボロミクスを用いた研究例として2つの講演を行う。ひとつは、鶏卵の食味性と関連する低分子代謝物質の探索および解析であり、もうひとつは、鶏卵の生産プロセスに関連する低分子代謝物質の探索および解析である。次に、鶏卵のメタボロミクスに取り組みはじめた2つの研究を紹介する。ひとつは、鶏卵の遊離アミノ酸に関わる遺伝および環境要因の探索であり、もうひとつは、福祉的な飼育による鶏卵内低分子代謝物質の変動探索である。最後に、総合討論を通して、鶏卵のメタボロミクスにおける注意点、特性および目指すべき将来について多面的な議論を行う。

配信、視聴方法について

Zoomにてライブ配信を行います。
3月25日(金)にZoomへのアクセスに必要な情報を参加申込して頂いた皆様にメールにてお知らせする予定です。

問合せ先

日本家禽学会事務局 
E-mail jpsa-s@naro.affrc.go.jp
TEL 029- 838-8777
携帯 070-3256-8777

 当学会は現在、鶏卵・鶏肉の消費拡大に関する基礎・実用化研究の発信に加え、家禽学を担う人材育成を通じて、学会および産業界の活性化を図ることを目的としてシンポジウム、公開講演会の開催等の活動を行っております。また、家禽に関する様々な情報を一般の方々に、わかりやすく解説する活動につきましても、学会活動の一環として行ってきています。皆様のご参加をお待ちしております。
2018年3月1日以前の
お知らせ一覧はこちら
このページの先頭へ戻る