学会の紹介

日本家禽学会は、1954年に世界家禽学会日本支部として設立され、その後、1966年に日本家禽学会と改称され、現在に至っております。その設立目的は、家禽に関する研究の促進をとおしてわが国の家禽産業の進展を図ると共に、世界家禽学会日本支部として国際的立場から家禽産業の発展に寄与することにあります。

そのための事業として、
家禽に関する研究発表会等の開催
機関誌の発行(年に6回、隔月発刊)
学会ならびに業界の諸資料、業績等の交換及び海外への紹介
海外情報、資料、業績等をわが国の関係学会、業界に紹介
家禽に関する学術の進歩発展に貢献した人の表彰
などを行っています。

研究発表会では、学術講演会を年に春と秋の2回開催し、また家禽科学と産業で重要なテーマを選定した公開シンポジウムも毎年秋に開催しています。
機関誌は英文誌のJournal of Poultry Science(年4回)と和文誌の日本家禽学会誌(年2回)、そしてニュースレター(年2回)を発行しています。Journal of Poultry Scienceは国際的に活用されているデータベースに収録され、2011年のインパクトファクターは1.074でした。和文誌は我が国にかかわりが深い学術論文や家禽産業に重要と思われる情報を掲載しています。
また、海外との学術交流として、世界家禽学会議やアジア太平洋家禽学会議等を開催してきました。世界家禽学会ジャーナルには日本支部の活動が常に紹介されています。
学会は、家禽科学分野において優れた研究活動を行った会員や若手研究者、また家禽産業の発展に貢献した技術開発者を表彰して、学会設立の趣旨にそった活動を発展させています。

ページトップへ

このホームページの著作権は日本家禽学会に帰属します。無断転載・転用は禁止いたします。
このホームページに関するご希望は e-mail: jpsa-s@naro.affrc.go.jp