世界家禽学会2020年パリ大会延期に関する案内について; The World’s Poultry Congress is postponed to 2021, August 8th to 12th

2020.4.21

会員各位
                         

日本家禽学会
                         国際交流委員長
                         後藤直樹

 世界家禽学会(WPSA)フランス支部と第26回世界家禽会議2020(WPC2020)組織委員会の最優先事項は、会議参加者の健康と福祉にあります。
このため、WPSA理事会のメンバーとスポンサーに相談し、合意を得た後、組織委員会はWPCを2021年に延期し、8月8日から12日までパリで開催することを決定しました。
今後、2021年イベントに関する案内は、WPC2020 ウェブサイト(https://www.wpcparis2020.com/)で定期的に更新されますのでご確認ください。
また、既に登録された参加者とWPSAメンバーには、メール、ニュースレター、およびソーシャルメディアを通じて情報を発信します。

尚、日本家禽学会(JPSA)の参加若手会員への渡航費用の一部補助についての応募締め切りは、2021年4月16日(金)まで延長いたします。WPC2020より発表許可を得られた参加若手会員は、ふるってご応募ください。

————————–
Dear Members

The highest priority of the French Branch of WPSA and the organizing committee of the 26th World’s Poultry Congress 2020 (WPC2020) is the health and well-being of congress participants.  Therefore, after consulting the members of the WPSA board, as well as the sponsors, and getting their agreement,the Organizing Committee decided to postpone the WPC to 2021, August 8th to 12th in Paris. We encourage you to follow our regular updates on the WPC2020 website (https://www.wpcparis2020.com/) which will guide you to the 2021 event.
We will also send information via emails and newsletters to registered participants and WPSA members, and through social media.

Therefore, JPSA will also extend the deadline of the application for partial support on expenses for WPC2020 until April 16th, 2021.  If you are a participating young member who has been approved your presentation by WPC2020 committee, please apply.

Naoki Goto
Secretary,
WPSA Japan Branch

2018年3月1日以前の
お知らせ一覧はこちら
このページの先頭へ戻る